誰でもわかる住宅ローンの基本

住宅ローンとは

住宅ローンとは、その名の通り、住宅を買ったり改築したりするために金融機関から借りるお金のことです。

通常、数千万円もする住宅を現金で購入できる人は少なく、ほとんどの人は住宅を購入する場合には、住宅ローンを利用し、そして月々の返済をしていくことになります。
ローンは金融機関からの借入ですから、そこには当然利息がかかります。

利息額は、借りたお金=元金に、年間にかかる利息額の割合=金利(%)をかけて算出されます。

ただし金利は年間にかかる利息の割合なので、月々に支払う利息額を算出するには、12か月で割る必要があります。
たとえば3000万円を3%の金利で借りるとすると、1回目の返済では3000万×0.03÷12=7万5000円の利息がかかります。
さらに2回目以降の返済にも、元金の残高に応じて利息がかかっていきます。

このように計算していくと、30年で返済する場合には、利息は約1553万円、総支払額は約 4553万円にものぼります。
(※ローン返済で多く使われる元利均等方式で算出)

住宅ローンの返済

毎月のローンの返済では、元金の返済分だけでなく、こうした利息の支払い分も含めた金額を払っていくことになるのです。
利息は、借りている期間に応じて膨らむため、返済期間が長ければ長いほど総支払額も大きくなります。

一方、返済期間を短くすれば総返済額は少なくてすみますが、月々の支払は増えるため、家計の負担は大きくなってしまいます。

したがって住宅ローンを組む際には、仕事の安定性や子供の有無、退職のタイミングなど、自分のライフサイクルや生活のバランスを考慮して、借入金額や返済期間を決めることが重要です。

詳しくはこちらから